[PR]国指定重要無形民俗文化財

お財布の購入、使い始めに縁起の良い開運日カレンダー

大安、一粒万倍日、天赦日、寅の日、巳の日、新月、満月の日は、新しいお財布の購入や、使い始めにとても縁起の良い吉日といわれています。

>>スマートフォンなどでカレンダーが表示されないかたはコチラ

<各開運日とお財布の関わり>

大安

購入するに良し、手に入れるに良し、事始(使い始め)に良し。
何事においても吉。成功しないことはない日とされています。
まさに吉日の王様。

一粒万倍日

一粒の籾(もみ)が万倍もの稲穂になるという意味。
財布でいうと1円のお金が、何倍にも増えると言われ、
財布とは最も関係が深い日ですね。

寅の日

黄色のシマシマ模様の寅は金運の象徴。
一瞬で千里の道を駆け、また、一瞬で戻ってくることができることから、
この日に財布を買うとお金が出て行っても必ず戻ると言われます。

天赦日

百神が天に昇り会合し、天が万物の罪を赦す(許す)日であるとされ、
万事に渡って最上の大吉日。
年に5~6回ほどしかない貴重な大吉日。財布の使い始めに良い吉日。

新月

始まりの運気を持つ特別な日。
風水では新月の日に新しいことを始めたり、
新しい物を使い始めるのが最適とされています。
目標を立てるのに最適とも言われるこの日は金運祈願に最も適した日といえるでしょう。

満月

月のパワーが満ち足りている日。
風水では満月にそのパワーを積極的に授かるため、
月光浴をすると良いとされています。
開運財布を満月の光に当てることでその力はさらに高まります。

巳の日

財産の神様である弁財天様の遣いの白蛇(巳)に願い事をすれば、
その願い事が弁財天様に届けられると言われる日。
巳の日には何回かに一度、弁財天様の縁日である、
己巳(つちのとみ)の日というのもあり、金運に最も効果のある開運日のひとつ。

>>年収1000万円を目指すあなたの開運財布は?

>>「財布屋」の開運財布が楽天市場でも購入できるようになりました。



スポンサーサイト


公開日:
最終更新日:2015/05/27

PAGE TOP ↑